医療消費者が求めるくすり

Bookmark this on Google Bookmarks
Choix it!
Pocket
Bookmark this on Delicious
Share on LinkedIn
Bookmark this on Digg

医療消費者という言葉はあまり聞き慣れない人が多いかもしれませんが、簡単に言えば、患者さんの事をさす用語です。

最近では、医療消費者がアイピルという緊急避妊薬を求める傾向が高まっていて、少し話題になっているんです。

この薬はどんな物なのかと言うと、避妊に不安がある、または避妊に失敗した性行為後に飲むタイプのピルで、通称、アフターピル、モーニングアフターピルなどと呼ばれています。

最大で、性行為後72時間以内に服用すると妊娠を回避することが可能になるピルで、服用のタイミングとしては、性行為後早ければ早いほど妊娠回避率が上がると言われています。

このアイピルは、基本的には婦人科などの病院で処方してもらうのがベストなのですが、初回に問診や簡単な検査を受けて、処方してもらい、次からは個人輸入や、インターネット通販を利用して入手するケースが多いようです。

また、医師の診察や処方箋がなくても個人での使用に限った場合のみ、個人で入手することが法律でも認められています。

何と言っても吐き気や嘔吐、不正出血などの副作用が心配されるので、初回はしっかりと医師に診てもらうことがオススメです。

避妊の必要のある人は、ひとつは常に携帯していると良いと思います。